バナー

調理師の求人について

現代は外食産業が盛んな時代です。
調理師の求人が多くなりました。


ホテルや有名レストランにこだわらなければ、就職口は割とすぐに見つかります。

ただし、拘束時間が長く仕事がきついことから離職率が高い業界でもあります。


続けて行くには、ハードな仕事でも負けずに頑張れるかが鍵となります。

調理師専門学校を卒業した人の就職状況は、80%~90%だと言われています。

調理師専門学校の卒業生は即戦力になる人間として有望視され、就職先も比較的見つかりやすいようです。
また、在学時にアルバイトをしていた店にそのまま就職するというパターンも多く見られます。何らかの理由で以前の職場を離職した場合でも、再就職の道はそれほど困難ではありません。

特に最近では老人福祉施設や学校給食、保育施設、企業の食堂、飲食店など、調理師を必要とする職場は数多くあります。

更に、和食やフランス料理など特定ジャンルの料理人の場合は、ホテルや結婚式場での仕事を見つけることもできます。

離職率の高い職場ですが、他の業種に比べると再就職口も見つかりやすい傾向があります。

ただし、ホテルにおいては、調理師の求人はそれほど多くはありません。契約社員やアルバイトから始まるところが一般的です。


調理見習いとしてまずはアルバイトで働き、実力を磨いて正社員を目指すことが必要となります。


他の業種に比べると再就職しやすい業種ですが、それでも短期間で離職を繰り返していては「忍耐力がない」と思われます。

いつでも離職できると思わずに、一つの職場に腰を据える覚悟で働くことが大切です。
また、常に高い技術、美味しいものを作ることを求め、貪欲な気持ちでいることが大切になります。
就職活動では自己分析や業界分析が非常に大切になります。

これらがしっかり行えていないとどの企業に応募すればよいのかがはっきりと見えてこず、最悪の場合ミスマッチ就職が発生してしまうこともあります。
就職活動を始めるにあたって志望する業界がまだはっきり決まっていないという人だけでなく、志望する業界が決まっているという人も分析作業をしっかりと行うべきです。


自分の夢見ている世界と現実とのギャップがあるかもしれません。


さて具体的に自己分析では何を行えばよいのかということですが、ここでは自分の性格や趣向の分析を行いそこからどの職種が自分に向いているのかを探っていきます。

自分で自分を分析するだけでなく、家族や友人にも協力してもらい客観的な評価も得られるようにすると尚よいです。

また就職活動支援サイトなどでも心理テストによって適職診断ができるコーナーが設けられているのでそれらを活用するのもいいかもしれません。


自己分析をすると短所ばかり目についてしまう人もいるかと思いますが、短所は裏返せば長所ととらえることもできます。
自分の長所をうまく活かせる職種を探すようにしましょう。

自己分析の次は業界分析です。


就職活動では自己分析はきちんとできていても業界分析が疎かになってしまうという人が見られます。

業界分析では志望する業界にはどんな企業があるかとかその企業ではどんな職種があって勤務条件はどうかなど具体的な企業選びの作業に入っていきます。

例えば一口に自動車メーカーといっても様々な企業がありますし、募集職種や勤務体系は企業ごとに当然異なります。

それらをよく精査して自分が具体的に働くうえで納得できる企業を選ぶ必要があります。

就職活動の流れとしてはこれらの分析作業を十分に行ったうえで企業説明会や入社試験を受けることが推奨されます。
就職活動では自己分析や業界分析をしっかりと行って、納得のいく就職を果たせるようにしましょう。

https://4meee.com/articles/tag/life/page:161
http://www.asahi.com/area/hokkaido/articles/MTW20141022011110001.html
http://www.kyodonews.jp/today/200906/index.php